« 2008年1月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

独立開業支援コース開設

ナショナル整体学院横浜校・藤沢校・名古屋校オリジナルコース

ナショナル整体学院には付属する学校として日本鍼灸柔整専門予備校http://www.shinkyu-jusei.net/ と日本理学療法専門予備校 http://www.ligaku.com/とがあり、30年以上にわた鍼灸や柔道整復師の業界とお付き合いさせていただいてまいりました。

 もちろんこの関係の由来は前ナショナル整体学院の理事長を務められた創業の永井康雄先生のご尊父であられる永井秋夫先生が元鍼灸按摩マッサージ師会の会長であられたことや、昭和天皇の鍼灸の主治医でありましたことにも依るところは大きいことでしょう。

 実際10年ほど前までは全国に19校しかなかった柔道整復の専門学校が規制緩和になった折からグループの中にも柔道整復師の専門学校をもつにいたるまでになっています。

 もともとは整体師の役割といたしましては、接骨院や、病院にて、医師や柔道整復師のアシスタント的な役割を担うものではありましたが、時代の趨勢は変わりゆくもので、(もちろん整体の学校のグループが柔道整復の専門学校を持つことも、ことさらに凄いことだとは思われますが)整体師がオーナーとなり柔道整復師の免許を持っておられる先生にお願いし接骨院の運営をされておられる方も少なくありません。

 もちろん業界のネットワークには自信のありますナショナル整体学院といたしましては、進路として整体にかかわってはみたが鍼灸や柔道整復師のような国家資格をさらに目指したいというご要望があればご推薦の可能な学校もあります。

 独立開業支援コースでは、接骨院開院コースをご提案申しあげます。

 ナショナル整体学院や日本鍼灸柔整専門予備校では、グループに柔道整復師の専門学校を持っていることもあり、また古くよりこうした業界とコミュニケーションをとってまいりました功績より、柔道整復師の免許を持ってらっしゃられる先生とのコミュニケーションも非常に強く持っています。逆にナショナル整体学院の各校舎の校長も半数が柔道整復師です。よって免許を持っている先生をリクルートするにも非常に身近にあるということになります。

 また関連企業に1部上場のファイナンス企業が支援してくださるサイトがあり、接骨院の出店におきましては店舗リース、【店舗を借りる費用全般、内装、什器類までをリースしていただけることから、通常かかる店舗開設のためのイニシャルコストがほとんどかからない(一般的に接骨院の開院には500~1000万かかるとされていますが)、またレセプトによる保険請求も請求がおりてくるのが3~6か月待たなければならなかったものが、この関連する企業の応援により多少の手数料を引かれはするものの,債券を流動化(売買)してもらえることから開院翌月から賄える方法を提供いただけることから、つまりはイニシャルも、ランニングコストも余計に用意することなく俗にいうほとんど手ぶらで開院できるメカニズムをナショナル整体学院ではご提供出るまでになっています。

 この店舗リースプランを使いナショナル整体学院を卒業後接骨院を地元に開設し、生涯の仕事とされるもよし、あるいは接骨院を多店舗運営するようなプランで、10店舗を所有するほどんなれば、経営といたしましても一角のものになられること必至です。

 この独立開業支援コース(接骨院開院)は6月開講予定です又のインフォメーションをお待ちください。

 詳細はhttp://www.n-seitaigakuin.com/まで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

接骨院差し上げます

未来を夢見て独立しよう

年功序列制度・終身雇用制度は崩壊した。手に職・資格と言われて資格を取ってはみた

ものの、資金もままならず結局は将来の目途の立たない日常を送っていませんか?そん

な貴方に【接骨院差し上げます】

接骨院差し上げます~独立開業支援セミナー

接骨院差し上げます


貴方はサラリーマン、OLではない
経営者として独立した貴方の世界を作っていきましょう

応援します! 貴方の自身のライフプラン
出来ていますか人生設計が・・・・
昔々、年功序列という制度が一般的だった時代がありました。
新卒でお勤めした会社に何も考えずに就職して、慣れない仕事に忙殺されつつも
やがて適齢期30歳ぐらいの結婚期には収入も年齢給で30万ぐらいの月収になっており
特別に計画なくとも2人で生活ができました。
いずれ子供ができますが、特に贅沢に過ごさず『やりくり』さえできれば子供にもさして
費用のかからない時期はなんとか過ごすことができました。
さて、いよいよ子供が義務教育、高等学校を卒業したあたりに始まる進路には(大学や
専門学校)最もお金がかかる時代が到来します。
結婚して20年後、貴方は50歳、年功序列、年齢給を頂ける仕事で黙々と脇目を振らず
学卒時お勤めした会社でお仕事していれば月収は50万、つまり年功序列、終身雇用制度
という昔の制度はとてもありがたいことに一番お金が必要な時期に実は必要な資金が用意
できるメカニズムになっていたのでした。その後も年金や退職金制度があり、まさしく終
身まで何も特別なことを考えずとも安心して一生を終えることができました。
しかし今は脇目を振る時代、終身雇用制度崩壊、年功序列制度崩壊な時代になりました。
20代半ば、30代40代、ときには50代を超えて業界を新たに転身するのが普通にな
ってまいりました。
その分自分自身のライフプランをしっかり考えていかれる人と、相変わらず何も考えず、
過ごしている人の違いは歴然となりました。これが『格差』です。
30代半ばで転身し、大体仕事のめどがつくのに『5年』、独身であればこの時期に結婚し
一番お金のかかる50代には年齢以上の収入がなくてはなりません。
もちろん私たちはロボットではありません20年後今と同じ体力でやれるはずもありませ
ん。
ではどうしたライフプランが最適なのでしょうか?
セラピストとしての技術を持って、悠々自適に快適な生活を送っている方々を私は大勢しってい
ます。
1年間のうち2か月も海外に行って家族サービスや、あるいは自身の充電を毎年怠らない
先生。
しかし独立するにも資金が、どんな仕事をするにもめどが立つのは『5年』・・
5年後には独立するだけでなくめどが立っているようにしたいとなれば、5年間お金の準
備に追われるだけでは叶いません。
将来貴方の所有となる接骨院をご用意いたします。5年間しっかり育ててください
仕事のめどが立つべき『5年後』その接骨院はあなたのものとなります。
これで終わりではありません、悠々自適な、快適な人生を実現するためには数店舗の運
営・マネイジメント、つまり経営者となることが必須です。数店舗の接骨院を運営すべく
後輩を、お弟子さんを育ててあげてください。その方々にも接骨院をご用意させていただ
きます。『5年後』には自身のものになる。
『ホワイトカラーエグゼンプション』なる言葉があります。日本のホワイトカラーの年収
は平均800万程度とされていますが、1店舗でこれだけの収入を得ることはかなり難し
くなってきています。
悠々自適な、快適なライフプランを考えるならば数店舗の経営をされることをおすすめい
たします。
詳細はお電話にてお問い合わせください、個別相談を随時行っております。
または独立開業説明会の方へお越しください


独立支援開業セミナー開催


日時  3月2日・9日・16日・23日・30日
各日曜日10時より(それ以降も各日曜日)
場所  日本鍼灸専門予備校柔整専門予備校内
協賛  ナショナル整体学院





             
柔道整復師業界で30年以上の歴史を持つ
日本鍼灸柔整専門予備校内
開業独立支援事務局
03-5728-7469
ナショナル整体学院 横浜校
045-451-4410

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年4月 »