トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

神奈川 整体スクール

●神奈川 整体スクールの登竜門 ナショナル整体学院ホームページ   

全国に拠点を持ち神奈川県下唯一の日本セラピスト認定協会の公認検定実施校

セラピスト3級・2級・1級・修士の認定免許が全てにおいて認定指導が出来るスクール

http://www.n-seitaigakuin.com/

整体・カイロプラクティック・リフレクソロジー・フットケア(ポドロジー)スポーツトレーナー他

●ナショナル整体学院 横浜校 の姉妹校リラックゼーションの殿堂の学び舎

神奈川県下では唯一セラピスト認定協会・リラックゼーションセラピスト検定実施校

リンパドレナージュ・アロマボディ・タイ古式マッサージ・ロミロミ・モンテセラピー・フットケア・ヘッドマッサージ他が学べます。

http://www.ot-university.com/

●NPO法人 日本セラピスト認定協会

http://www.therapist-nintei.or.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (2)

タイ古式マッサージ研修ツアー開催

タイ現地の名門スクールに入学して研修をご一緒しませんか。

タイ古式マッサージとは?

●タイ古式マッサージは、タイ語で『ヌランボーラン』と呼ばれ、2500年の歴史を持つ、伝統的マッサージであります。その効果は、最近の医療機器によって科学的にも認められ、全世界にひろまりつつあります。西洋医学ではいまだすべてを解明できないまでも、その驚くべき効果によって一般的にタイマッサージとして話題を呼んでいます。

●このマッサージは古代インドや中国の影響を受け、長い年月をかけて臨床的にされてきましたが、タイでは仏教寺院の中で僧侶が庶民に病気の手当てのためにマッサージの手法を指導していたのです。

●タイマッサージの流派はワットポーがよく知られていますが、タイ国においては、厚生省がその研修カリキュラムを決定し、その研修を修了したものに証書を授与しています。日本人はタイのマッサージショップにて働くことはできないので直接は関係ありませんが、技量の習得の目安となるでしょう。

今回のセミナーの目的は?特徴は?

①タイ古式マッサージの技術を正しく、正確に学ぶ
②今回は基礎講座が中心となりますが、経験者はその後、中級上級のコースも設けてあり最終的には師範となることもあり得ますので、日本におけるタイ古式マッサージスクールのカリキュラムを確立することを目標にかかげています。
③スタッフが付添いサポートします。
④団体で実施することにより、初心者には何かと心強い
⑤タイのマッサージスクールとの交渉はナショナル整体学院が済ませてありますので安心。
⑥現地のホテルリーゾナブルな価格のホテルをセットしてあります。
⑦日本語が通じる学校であるので会話には困らない。
⑧学校の立地はマンション群にあります。

どんな学校かですか?

◎タイ伝統医療奉仕協会マッサージスクールといいます。
◎タイの厚生省のマッサージ協会副会長を務めたチャムル氏により設立された学校です。
◎大きな邸宅を改装した雰囲気抜群の後者です。

認定タイ古式マッサージ師養成講座のカリキュラム
第一日 : 講義・実技
      オリエンテーション・基礎知識
      タイ古式マッサージ(下肢)
第二日 : 解剖生理基礎・タイ古式マッサージ
      (下肢・うつ伏せ)
第三日 : タイ古式マッサージ(横向き)(仰向け)
第四日 : タイ古式マッサージ(座位)
第五日 : 筆記試験・実技検定試験
      修了書授与
予備日 : 市内観光ほか

日程 : 2007年12月2日~9日

費用 : ツアー料金
     118000円
●ツアー料金に含まれるものはスクール受講料・宿泊費・タイ空港までの送り迎え・タイ市内観光
●タイバンコクの飛行場までの交通費は各自にて負担(集合時間に間に合う便に乗ってください)
その他想定される自己負担費用
●食費・・宿泊施設は食事は出ませんがキッチンがついています。外食は屋台などで済ませると30bt程度、セブンイレブンだと50btくらいでお弁当がかえます。
●市内交通は地下鉄、BTSなど使えば30~50btです。
●雑費として現地調達の洗剤(宿泊施設にクリーニング設備あり)ティッシュ、飲み物(ボトルウォーターは必需品)

以前タイで会社を持ち10数年前より、10数回にわたりタイを訪れ、タイをこよなく愛する

者の一人として私も参加いたします。ぜひご一緒しませんか?

http://www.n-seitaigakuin.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スクール説明会

 8月12日日曜日

http://www.n-seitaigakuin.com/

 藤沢校舎に於いて13:00~スクール説明会が開催された。

 藤沢の校舎は徒歩5分のところに関係サロンを持っているので、サロンに就職希望がある場合あるいは、開業希望の方には特に直接的な体験もでき至って合理的な体験が出来る。

 説明会参加者はまずスクールの在校生あるいは卒業生より30分の整体の体験が施される。

 事前に体重差を計測頂きこれをマル秘シートにご記入頂き、整体が何のために行われるのかを説明会の核としてお話しするのに引用されることになる。

《実はこのマル秘シートこそがナショナル整体学院が店舗を出店する際に確実に繁盛店を作り続ける秘策の一端である》

 今回はY先生のご配慮でフットケアの体験も用意され説明会参加者の方は、整体の体験の上にフットケアの体験もあり盛りだくさんの体験にさぞご満足頂けた事かとおもわれる。

 体験が一巡した後、今度はスクールの説明を行うわけであるが、基本的にカリキュラムや内容の説明をどんなにしたところで業界未経験の方にはその違いがイマイチであろう。

 例えば肘の関節といえばどこのことかぐらいは誰でもわかる。

 しかし『チュウカンセツハジョウワンコツトトウコツトシャクコツトイウ3ツノコツデコウセイサレワンシャクカンセツトワントウカンセツ、サラニキンイトウシャクカンセツガコノコウセイヨウケントサレル』と言われるとなんのことやら英語を喋られているようなことになりかねない。

 肘の関節一つにおいてもこんな按配であるから、おのおのの関節となるとどれだけ?大変か自ずとしれる。

 習うより慣れるがモットーのナショナル整体学院の教義としては身体や脳に沁み込んだ知識や技術を修得していただくためには出来れば半年は学ぶ時間をいただきたい。

 さて、説明会の中で触れられる小噺がいくつかあるがセラピストとしてどんな知識が必要とされるか・・・・

 ①角質・魚の目・タコは大事なもの

 ②活性酸素は必要不可欠

 ③水虫お断りなサロンは不潔なサロン

 ・・・・・・・・・etc

上記の内容に的確に答えが出来ないセラピストは、サロンセラピストとしても接骨院や病院のアシスタントとしても最低ランクの知識が無いものと自己認識をもたれたほうが宜しいでしょう。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2007年9月 »